メタボに血糖値や血圧チェックは必須

高カロリーで不規則な食習慣では、肥満の原因になってしまいます。
年齢によって必要なカロリーは変わってくるので、自分に必要なカロリーを知る事からスタートしましょう。

そして3食の食事に加えて、間食やお酒のカロリーも忘れずにカロリー計算に入れて下さい。
またカロリーを抑える事で、1日に必要な栄養素が不足してしまわないように、栄養のバランスの取れた食生活を心がけましょう。

食生活の改善で摂取カロリーを抑える事も重要ですが、適度な運動を行い消費カロリーを増やす事も重要です。
運動をする事で、お腹まわりの脂肪も減りやすい体質になるため、ハードな運動ではなくジョギングや水泳などの有酸素運動を行いましょう。

1週間の運動量の目安は30分程度のジョギングであれば、週に3会のペースとなります。

ただ、忙しくて運動をする時間がない、運動は苦手でなかなか運動をしようという気持ちになれないという人もいるでしょう。その場合は、例えば最寄り駅の1つ手前の駅で下車し、1駅分を毎日歩いたり、週末に趣味のガーデニングをするなど、日常生活の中で身体を動かす事を心がけて下さい。

あと、最近は喫煙スペースが減少したり、タバコの価格が値上げするなど、喫煙者にとっては辛い環境になりつつあります。この機会に禁煙をしてみてはどうでしょうか?

タバコが健康を損なう事は、知っている人も多いでしょう。

ですが、タバコは肺がんのリスクを高めるだけではありません。
喫煙をする事で脂肪の蓄積を促進させたり、動脈硬化を進行させるなど、メタボリックシンドロームの原因にもなります。

定期的に健康診断を受けよう

そして最後に、現状を知る事が大切です。

会社の健康診断を毎年受けているという人は問題ありませんが、自営業の人は忙しかったり面倒に感じて健康診断を定期的に受けていない人も多いのではないでしょうか?

メタボリックシンドロームは、軽度の症状では自覚症状がありません。
そして身体に異変を感じる頃には、症状はもうかなり悪化してしまっています。

病気は予防をする事、そして予防できなかった場合でも、早期発見早期治療ができるように、健康診断は定期的に受けるようにして下さい。

チェック項目は、腹囲、血清脂質、血圧、血糖値が基準を超えていないかどうか確認して下さい。