リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満は食べ物に気をつけろ

メタボリックシンドロームについて

日本語では内臓脂肪症候群と呼ばれ、お腹回りに脂肪が蓄積しまう状態です。
内臓脂肪型肥満に属し、おなかがぽっこり出ているために、りんご型肥満とも呼ばれます。

血液がドロドロになり、血管が詰まりやすくなりため、複数の病気を引き起こす可能性がある状態だと言えます。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となり、またこれらの症状が悪化すれば心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性もあります。
複数の病気の予備軍であり、軽度の状態だとは言え、今までと同じ生活習慣を続けるのは危険です。

診断基準は、胸囲が男性で85㎝以上、女性で90㎝以上の人で、以下の3項目のうち2項目以上に該当する場合。

・中世脂肪値が150mg/dl以上かコレステロール値が40㎎/dl未満である事
・収縮期血圧が130mmHg以上か拡張期血圧が85mmHg以上である事
・空腹時血糖値が110㎎/dl以上である事

健康診断を受ければ、数値が分かるため、自分が注意が必要かどうか判断する事ができるでしょう。

メタボリックシンドロームの恐ろしさ

この症状の恐ろしい点は、危機感がない事です。
若い頃と同じような生活を送っていると、30代以降は新陳代謝の機能が低下し、消費カロリーが減少してしまうので、何もしなくてもどんどん太ってしまいす。つまり、生活習慣を改めない限り、誰でもなる可能性があると言えるでしょう。

お腹に脂肪が溜まり、血液がドロドロになっても、痛みなどを伴う事はありません。
そのため、そのままの状態で放置してしまいがちです。

若い頃と異なり、中年太りになっても見た目を気にしなくなるという事も余計に症状を悪化させてしまいます。
ですが、放置すればどうなるのか?というと、身体の至るところに影響が出てきます。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病が代表的な例として取り上げられますが、それは氷山の一角にすぎません。

他にも心疾患、脳血管疾患、認知症の原因にもなりますし、最後に血管が詰まってしまい、心筋梗塞や脳梗塞など死に至る病になるという事をキチンと理解し、対策や予防策を立てなければいけません。